マッチョになるために必要な睡眠の基礎知識【いつ?どのくらい寝ればいいのか?】

この記事を読むとこんなことがわかります!

読むとわかること

・マッチョになるために必要な睡眠時間

・寝不足になると体にどんな影響があるのか

・睡眠の量よりも大切なこと

スポンサーリンク

マッチョになるために必要な睡眠の基礎知識【いつ?どのくらい寝ればいいのか?】

皆さんこんにちは!筋トレ歴約10年&元インストラクター(アルバイト)のマコです。

マッチョになるにはどのくらい寝たらいいの?

今回はこんな疑問にお答えしていきたいと思います!

マッチョになるために必要な睡眠時間寝不足が体に与える影響など、睡眠に関することを詳しくお伝えしていますので、マッチョを目指す方はぜひ最後までご覧ください!

この記事を読み終えるころには、マッチョになるために必要な睡眠の基礎知識を一通り理解することができるでしょう!

マッチョになるために必要な睡眠時間と時間帯

マッチョになるために必要な睡眠時間は6~8時間です。

筋トレや日常生活で疲れた体を休め、十分に回復するためにはこの程度の睡眠時間が必要になります。

しかし、ただ6~8時間の睡眠をとればいいわけではなく、寝る時間帯も重要です。

昼と夜が逆転しているような生活で6~8時間の睡眠をとっても体は十分に回復しません。

ですので、時間帯は午後9~11時頃に就寝、午前5~7時頃に起床するのをおすすめします。

とはいえ、これらはあくまで理想にすぎませんので、なかなかこの通りに生活ができる人は少ないと思います。

その場合の対策をこの記事の「睡眠は量より質」でご紹介していますので、今ご紹介したような生活習慣を送るのが難しい方はそちらをご覧ください。

スポンサーリンク

寝不足が体に与える悪影響

ここでは寝不足が体に与える影響をざっとご紹介しています。

寝不足の恐ろしさを知っていただくための章ですので、特に詳しい解説はしていません。

寝不足になると悪いことばかりですので、寝不足ぎみの方は少しずつでも改善に努めるようおすすめします。

寝不足が体に与える影響

・やる気がなくなる

・集中力が低下する

・気分が落ち込む

・筋トレの効果が下がる

・免疫力が下がる

・行動の質が低下する

・ストレスがたまる

・体重が増える

・疲れやすくなる

・不注意が増える

睡眠は量より質

睡眠は量よりもが重要になります。

冒頭でご紹介した睡眠時間をとっていたとしても、睡眠の質が悪かったら意味がありません。

昼と夜が逆転している状態でとる睡眠は、質の悪い睡眠の良い例だと思います。

ですので、質の悪い睡眠8時間よりも、質の良い睡眠4時間をとれるように工夫をしましょう!

質の良い睡眠をとるための工夫をご紹介している記事を以下にのせているので、興味のある方はぜひご覧ください!

👇睡眠の質を高める工夫はこちら!

まとめ

今回はマッチョになるために必要な睡眠の基礎知識をご紹介してきました!

まとめるとこんな感じになります。

まとめ

<マッチョになるために必要な睡眠時間と時間帯>

マッチョになるために必要な睡眠時間 → 6~8時間

マッチョになるためにの睡眠時間帯 → 午後9~11時頃就寝、午前5~7時頃起床

<寝不足が体に与える悪影響>

・やる気がなくなる

・集中力が低下する

・気分が落ち込む

・筋トレの効果が下がる

・免疫力が下がる

・行動の質が低下する

・ストレスがたまる

・体重が増える

・疲れやすくなる

・不注意が増える

<睡眠は量より質>

睡眠は量よりも質が重要

→質の悪い睡眠8時間よりも、質の良い睡眠4時間

マッチョになるためには筋トレだけではなく、睡眠や栄養も必要になります。

筋トレと睡眠と栄養をバランスよく生活に取り入れるようにしてください!

そうすれば、半年以内にマッチョになることができるでしょう!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう