効果的なプランクの頻度は週何回?腰を痛めずに腹筋を鍛えたい人必見です!
スポンサーリンク

この記事を読むとこんなことがわかります!

読むとわかること

・プランクの効果的な頻度

・腹筋をバキバキにする種目

スポンサーリンク

効果的なプランクの頻度は週何回?腰を痛めずに腹筋を鍛えたい人必見です!

腰を痛めることなく手軽にできる腹筋種目「プランク」。

とても簡単な種目で、年齢や筋トレ歴に関係なく様々な方に人気ですが、どのくらいの頻度で行うのが効果的なのでしょうか?

今回はこの疑問についてお答えしていきたいと思います!

この記事を読めば、プランクの頻度について悩むことはなくなると思いますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

プランクの効果的な頻度

プランクのような器具を使用しない筋トレ(自重トレーニング)は体への負担が少なく、疲労が残りにくいので、頻度を多くしても問題ありません。

そのため、毎日プランクを行うことも可能です。

しかし、毎日プランクだけを行っていても腹筋はそれほど変化しませんので、プランクの他にも腹筋種目を取り入れて週3~4回程度の頻度で行うことをおすすめします!

以下に、プランクを含めた腹筋の筋トレスケジュール例をご紹介します。

腹筋の筋トレスケジュール例

月曜日 腹筋の筋トレ

火曜日 休み

水曜日 腹筋の筋トレ

木曜日 休み

金曜日 腹筋の筋トレ

土曜日 休み

日曜日 休み

スポンサーリンク

腹筋をバキバキにするにはプランクだと足りない?

先ほどもお伝えしましたが、腹筋をバキバキにするにはプランクだけだと刺激として不十分です。

ですので、プランク以外の腹筋種目も取り入れながら筋トレをするようにしましょう。

取り入れるべき種目としては、プランクのような「状態維持で腹筋を鍛える種目」ではなく、シットアップ(上体起こし)のような「反復運動で腹筋を鍛える種目」がおすすめです。

以下に、自宅で出来る腹筋種目を紹介した記事をのせているので、詳しくはそちらをご覧下さい!

👇自宅で出来る腹筋種目はこちら!

まとめ

今回はプランクの効果的な頻度についてご紹介してきました。

内容をまとめるとこんな感じになります。

まとめ

<プランクの効果的な頻度>

毎日プランクを行うことも可能。おすすめは、プランクの他に腹筋種目を取り入れて週3~4回程度の頻度で行うこと。

<腹筋をバキバキにするにはプランクだと足りない?>

腹筋をバキバキにするにはプランクだけだと刺激として不十分。シットアップ(上体起こし)のような「反復運動で腹筋を鍛える種目」を取り入れて筋トレを行うのが効果的。

プランクは腹筋や体幹を手軽に鍛えることができる種目ではありますが、それだけでは刺激として不十分です。

ですので、プランク以外の腹筋種目も組み合わせることをおすすめします!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

👇初心者必見!マッチョになる方法と道のり

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう