【私的おすすめ筋トレ器具】筋トレのバリエーションが一気に広がるマルチポジションベンチをご紹介!
スポンサーリンク

この記事はこんな方にオススメです!

こんな方にオススメ!

・安くて頑丈で使いやすいマルチポジションベンチが欲しい!

・1番いいマルチポジションベンチがどれか知りたい!

・安い商品に少し不安がある

・器具選びで何を基準にしたらいいのかわからない

それではご紹介していきます!

スポンサーリンク

【私的おすすめ筋トレ器具】筋トレのバリエーションが一気に広がるマルチポジションベンチをご紹介!

皆さんこんにちは!マコです!

この「私的おすすめ筋トレ器具」シリーズでは、今まで様々な自宅筋トレ器具を使ってきた私が、「安い・頑丈・使いやすい」をモットーに1番のおすすめ器具をご紹介しています!

そして、今回ご紹介するのがマルチポジションベンチです。

できるだけ低コストで器具をそろえたい!」「長く使える器具が欲しい!」と思って器具を探している方々は、器具探しの手間を少しでも削減できると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

おすすめ器具の紹介

それでは早速、筋トレ器具のご紹介をしていきます!

器具の詳細

<値段>7900円

<商品名>WINNOW マルチポジショントレーニングベンチ 腹筋 フォールディング ウェイトベンチ 折り畳みフラットベンチインクラインベンチデクラインベンチ

<一般の評価>★★★★☆

<私的評価>★★★★☆

メーカーの特徴

このマルチポジションベンチはWINNOWというメーカーの器具です。WINNOWは取り扱っている商品がこのマルチポジションベンチのみなので、商品数は非常に少ないですが、評価は非常に高いです!

おすすめする理由

冒頭でもお伝えしたように、「安い・頑丈・使いやすい」というのがおすすめする理由なのですが、その他にも、このマルチポジションベンチをおすすめする理由が3つあるのでご紹介していきます!

おすすめする理由

・角度調節できる段階が多い

・評価が高い

・耐久性が高い

以上の3つがおすすめする理由になります!

それぞれ簡単に解説していきます。

角度調節できる段階が多い

マルチポジションベンチは角度調節できる段階の多さが重要です!

ご紹介したマルチポジションベンチはシート部分の角度調節が4段階背もたれ部分の角度調節は6段階計10段階調節が可能となっています!

なので、行える種目数も非常に豊富です!

評価が高い

ご紹介したマルチポジションベンチは5段階中4.4という高評価を得ている商品です!

多くの方がこのマルチポジションベンチの質や性能に満足されているので信頼性も高いです!

耐久性が高い

マルチポジションベンチのようなベンチ系の器具で最も注意すべきは耐久性(耐荷重)です。

いくら性能が良くても耐久性が低いとすぐに壊れてしまいます。

このマルチポジションベンチは頑丈な素材でできているため、動作中に壊れたり安定性を失うといったことはありません。

スポンサーリンク

他の商品との比較

ここでは今回ご紹介したマルチポジションベンチとその他のマルチポジションベンチを比較して、それぞれの違いを明確にしてご紹介しています!

ぜひ、選ぶ際の参考にしていただければと思います!

他の器具

・MOJEER マルチポジションベンチ

・PROIRON マルチポジションベンチ

・IROTEC マルチポジションベンチ

MOJEER マルチポジションベンチ

<商品名>MOJEER マルチシットアップベンチ 折り畳み フラットベンチ 腹筋 背筋 ダンベル プレス用 トレーニングベンチ (黒 赤 M)

<値段>4599円

おすすめポイント

・値段が安い

・7段階の角度調節が可能

PROIRON マルチポジションベンチ

<商品名>PROIRON ウェイトベンチ10つの角度調節可能な多機能トレーニングベンチ 折りたたみ式 ダンベルプレス用 腹筋 筋トレ フィットネス シットアップ インクラインベンチ 耐荷重200kg

<値段>9999円

おすすめポイント

・最高評価

・耐荷重が200キロある

IROTEC マルチポジションベンチ

<商品名>IROTEC(アイロテック)マルチポジションベンチ/インクラインベンチ デクライン フラット 筋力トレーニング

<値段>27000円

おすすめポイント

・付属の部品を使用することで脚や腕をまんべんなく鍛えることができる

・7段階の角度調節が可能

比較の結果

今回は、ご紹介したマルチポジションベンチとその他3つのマルチポジションベンチの合計4つを比較しました!

そして、それぞれのマルチポジションベンチを4つの観点で比較し、それぞれの観点で最も評価の高い商品をご紹介しています!

比較の結果

値段が安い→MOJEER

評価が高い→PROIRONWINNOW

耐久性が高い→PROIRONWINNOW

性能が高い→IROTEC

マルチポジションベンチを使った種目

ご紹介したマルチポジションベンチで行うことのできる種目をご紹介していきます!

種目

・インクラインダンベルカール

・インクラインダンベルベンチプレス

インクラインダンベルカール

①両手にダンベルを持ち、傾斜のある台もしくは椅子に座ります。

②軽く胸を張り、肩とひじが体よりも後ろにくるようにします。

③腕は外側へ少しひねるようにして持ち、上腕二頭筋がストレッチしていることを意識します。

④ひじと肩の位置を固定し、ひじを支点にしてダンベルを持ち上げます。

⑤上までダンベルが上がったら、今度は反対にダンベルを下ろしていきます。この時に、ダンベルを持ち上げた時と同じルートに沿ってダンベルを下ろしていくようにします。

⑥ダンベルを下ろす時は、完全にひじを伸ばし切るのではなくスタートと同じように、ひじを軽く曲げた状態で止めるようにします。

⑦これらの動作を繰り返し行います。

👇インクラインダンベルカールに関する詳しい記事はこちら!

インクラインダンベルベンチプレス

①両手にダンベルを持ち、ベンチに座ります。

②軽く胸を張り、ダンベルを胸の真上に持ってきます。

③ダンベルをまっすぐ下におろします。

④ダンベルが下まで下ろせたら、今度は反対にダンベルをまっすぐ持ち上げます。この時に、ダンベルを下ろした時と同じルートを通ってダンベルを持ち上げるようにします。

⑤この動作を繰り返し行います。

👇インクラインダンベルベンチプレスに関する詳しい記事はこちら!

マルチポジションベンチに関するQ&A

ここではマルチポジションベンチに関するよくある質問にお答えしています!

Q.安くても大丈夫なの?

極端に安いものでなければ大丈夫です!

ですが、選ぶ際には必ず耐荷重が何キロあるか確認するようにしてください!

あまりにも耐荷重が軽いとすぐに壊れてしまいます。

なので、人によって必要な耐荷重は変わってきますが、私的には耐荷重が100キロ以上あるマルチポジションベンチをおすすめします!

Q.マルチポジションベンチは何を基準に選べばいいの?

マルチポジションベンチを選ぶときは基本的に次の2つを基準にすることが大切です!

選ぶ基準

・耐荷重

・性能(主に角度調節の段階)

この2つの基準を満たしていれば、満足のいくマルチポジションベンチ選びができると思います!

ちなみにオススメは、、、

オススメのマルチポジションベンチ

・耐荷重→100キロ以上

・性能→背もたれの角度調節が5段階以上のもの

、、、という感じです!

マルチポジションベンチは耐荷重表記がないものもあるのですが、基本的には100キロ以上の耐荷重があると思いますので、値段が少し安くても問題はないと思います!

その他、全身を鍛えるおすすめ器具

今回は全身を鍛えるための器具としてマルチポジションベンチをご紹介しましたが、他にも全身を効果的に鍛えることができるおすすめの器具があります!

なので、ここでは全身を鍛えるおすすめ器具を簡単にご紹介していきます!

おすすめ器具

・ダンベル

・バーベル

ダンベル

<商品名>ファイティングロード Co, Ltd. (FIGHTINGROAD Co, Ltd.) ダンベル ラバータイプ (20kgセット)

その他のダンベルはこちら!

使い方によって全身をまんべんなく鍛えることができる万能器具です!

筋トレを始めるなら最初に用意すべき器具でもあります!

👇ダンベルに関する詳しい情報はこちら!

バーベル

<商品名>IROTEC(アイロテック) アイアンバーベル ダンベル 100KG セット【バーベルシャフト180cmワイドグリップタイプ】 ベンチプレス 筋トレ トレーニング バーベル・フィットネスバー

その他のバーベルはこちら!

バーベルはダンベル同様、全身を鍛えることのできる万能器具です!

また、バーベルがあれば高重量で種目を行うことができるので、筋肥大や筋力向上を目的としている方は必須器具になります!

👇おすすめのバーベルに関する記事はこちら!

まとめ

今回はWINNOWのマルチポジションベンチをご紹介しました!

安い・頑丈・使いやすい」の三拍子がそろった器具なのでぜひチェックしてみてください!

もうちょっと考えてみようかな、、、」という方は他にも様々なマルチポジションベンチがあるので、自分に合ったマルチポジションベンチを選ぶようにしてください!(→その他のマルチポジションベンチはこちら!)

ただ、もう一度お伝えしますが、選ぶときには必ず以下の2つを確認するようにしてください!

選ぶ基準

・耐荷重

・性能(主に角度調節の段階)

この2つの条件を満たしたものであれば、満足のいくマルチポジションベンチが選べると思います!

また、今回ご紹介したのはマルチポジションベンチのみでしたが、自宅で使える筋トレ器具をまとめてご紹介している記事もあるので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

👇自宅で使える筋トレ器具をまとめてご紹介している記事はこちら!

https://makotorelife.com/entry/training-equipment-home-seventeen

👇自宅やジムで使える筋トレグッズをご紹介している記事はこちら!

https://makotorelife.com/entry/home-gym-training-tools-fourteen

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう