チンニングを加重してやりたい方必見!おすすめの加重ベルトをご紹介!
スポンサーリンク

この記事はこんな方にオススメです!

こんな方にオススメ!

・チンニングをするのに自分の体重だけじゃ物足りなくなってきた。

・安くて頑丈な加重ベルトを探している。

・筋肥大目的で筋トレをしている。

スポンサーリンク

チンニングを加重してやりたい方必見!おすすめの加重ベルトをご紹介!

チンニングを加重してやりたい!

今回はこんな方々のために、おすすめの加重ベルトをご紹介したいと思います!

加重ベルトは自分の体重に重さを加えるための補助具になります。

今回ご紹介する加重ベルトは安価で強度の高いものとなっていますので、できるだけ節約して質の高い加重ベルトを買いたい方におすすめです。

自宅筋トレ10年以上の私が特におすすめする加重ベルトですので、ぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

使いやすい!おすすめの加重ベルト

それでは、おすすめの加重ベルトをご紹介していきます!

<商品名> フェリモア ディップスベルト ディッピングベルト 加重ベルト 懸垂 チンニング 耐荷重量150kg (ブラック)

<値段> 2180円

<詳細>

・耐荷重150キロ

・ベルトには、滑りにくく柔軟性がある素材を使用

・クッション性がある

・サイズ:長さ約98cm、チェーンの長さ約84cm、チェーンの太さ約1.8cm、フックの長さ約6cm

・素材:ナイロン(ベルト)、スチール(チェーン)

おすすめポイント

・耐荷重が150キロあるので、重さに耐えられなくなるという心配はありません。

・丈夫な素材でできているので、買い替える必要がなく、一生使い続けられます。

・ベルトが滑りにくく柔軟性もあるので、体にフィットして筋トレ中にずり落ちることがなくなります。

・ベルトに少しクッション性があるので、重さによるベルトの食い込みを軽減してくれます。

以上が加重ベルトの紹介になります。

「おすすめポイント」でもお伝えしたように、こちらの加重ベルトは値段以上に性能が高いものになりますので、購入された方からの評価も高くなっています。

買い物で失敗したくない!」という方は、ぜひ一度チャックしてみてください!

スポンサーリンク

加重ベルトの選び方

先ほど、おすすめの加重ベルトをご紹介しましたが、「もっとほかの加重ベルトも見てみたい」という方もいらっしゃると思います。

ここでは、そんな方々が加重ベルト選びで失敗しないように、加重ベルトの選び方をご紹介していきたいと思います。

これからご紹介するポイントを知っているか知らないかで選び方が全く変わってきますので、しっかりとポイントを押さえておくようにしてください!

加重ベルトの選び方

①耐荷重が50キロ以上の物を選ぶ。

②サイズが合ったものを選ぶ。

+α.クッション性があるものを選ぶ。

①耐荷重が50キロ以上の物を選ぶ。

最初に確認しなければいけないのは耐荷重です。

耐荷重は「〇キロまでなら耐えられる」という耐久性の値になります。

ですので、もし耐荷重50キロだったら、「50キロまでの重さに耐えられる」ということになります。

しかし、だからといって耐荷重50キロの加重ベルトで49キロの重りをつけても大丈夫かというと、そうでもありません。

耐荷重の値は「だいたい〇キロ耐えられる」ぐらいに考えて、余裕をもって耐荷重がより重いものを選んだ方が、安全に筋トレを行うことができます。

ですので、49キロの重りをつけてチンニングをしたい方は、余裕をもって100キロほど耐荷重があるものを選ぶようにしましょう!

②サイズが合ったものを選ぶ。

次に確認すべきことはサイズです。

おそらく、市場に出回っている加重ベルトで、「サイズが全く合わない」ということはあまりないと思いますが、より体にフィットしたものを選びたい場合は、加重ベルトのサイズ自分のウエストのサイズを調べておくようにしましょう!

+α.クッション性があるものを選ぶ。

これは必ず必要なポイントではありませんが、「この機能が備わっていると便利だな」と思ったので、+αとしてご紹介しました。

加重する重さが重くなればなるほど、ベルトの食い込みが強くなります。

そうなると、食い込みの痛みで筋トレに集中できなくなってしまいますので、重い重量を加重してチンニングをしようと考えている方は、このポイントもチェックするようにしてみてください!

加重ベルトを買う前に確認すること

最後に、加重ベルトを買う前に確認すべきことをご紹介します。

加重ベルトは体に付けて使用する補助具ですので、これからご紹介することを確認しておかなければ「思っていたのと違う、、、」なんてことにもなりかねません。

加重ベルトを買う前にはしっかりと確認するようにしましょう!

買う前に確認すること

①加重ベルトのサイズと自分のウエスト

①加重ベルトのサイズと自分のウエスト

加重ベルトを買う前には、加重ベルトのサイズ自分のウエストのサイズが合っているか確認する必要があります。

売られている加重ベルトで「全くサイズが合わない」ということはないと思いますが、より体にフィットしたものを見つけるためにも、メジャーを使って測るようにしましょう!

まとめ

今回はおすすめの加重ベルトをご紹介しました。

内容をまとめるとこんな感じになります。

まとめ

<使いやすい!おすすめの加重ベルト>

→ フェリモア

〇おすすめポイント

・耐荷重が150キロあるため、重さに耐えられなくなるという心配がない。

・丈夫な素材でできているため、買い替える必要がなく、一生使い続けられる。

・ベルトが滑りにくく柔軟性もあるため、体にフィットして筋トレ中にずり落ちることがなくない。

・ベルトに少しクッション性があるため、重さによるベルトの食い込みを軽減してくれる。

<加重ベルトの選び方>

①耐荷重が50キロ以上の物を選ぶ。

②サイズが合ったものを選ぶ。

+α.クッション性があるものを選ぶ。

<加重ベルトを買う前に確認すること>

①加重ベルトのサイズと自分のウエスト

チンニングを加重してやりたい!」という皆さん、いかがだったでしょうか?

理想の加重ベルトは見つかったでしょうか?

この記事では見つけられなかった方も、今回ご紹介した「加重ベルトの選び方」を参考に、自分に合ったものを探してみてください!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう