【私的おすすめ筋トレ補助具】怪我を防ぎ、効果を上げる!オススメのリストラップをご紹介!
スポンサーリンク

この記事はこんな方にオススメです!

こんな方にオススメ!

・安くて頑丈で使いやすいリストラップが欲しい!

・1番いいリストラップがどれか知りたい!

・安い商品に少し不安がある

・器具選びで何を基準にしたらいいのかわからない

それではご紹介していきます!

スポンサーリンク

【私的おすすめ筋トレ補助具】怪我を防ぎ、効果を上げる!オススメのリストラップをご紹介!

皆さんこんにちは!マコです!

この「私的おすすめ筋トレ補助具」シリーズでは、今まで様々な自宅筋トレ補助具を使ってきた私が、「安い・頑丈・使いやすい」をモットーに1番のおすすめ補助具をご紹介しています!

そして、今回ご紹介するのがリストラップです。

できるだけ低コストで済ませたい!」「長く使える補助具が欲しい!」と思っている方々は、補助具探しの手間を少しでも削減できると思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

おすすめ器具の紹介

それでは早速、筋トレ器具のご紹介をしていきます!

器具の詳細

<値段>950円

<商品名>AkihoBest リストラップ ウエイトトレーニング 手首固定 (2枚組) 2カラー (ブルー)

<一般の評価>★★★★☆

<私的評価>★★★★★

メーカーの特徴

このリストラップはAkihoBestというメーカーの補助具です。AkihoBestは出品数が少なく、筋トレに特化したメーカーというわけでもないのですが、商品の質が非常に高いのが特徴的です!リストラップも含めて、出品されている商品のほぼすべてが評価4以上という驚異の評価となっています。

おすすめする理由

冒頭でもお伝えしたように、「安い・頑丈・使いやすい」というのがおすすめする理由なのですが、その他にも、このリストラップをおすすめする理由が2つあるのでご紹介していきます!

おすすめする理由

・シンプルなリストラップ

・伸縮性がある

以上の2つがおすすめする理由になります!

それぞれ簡単に解説していきます。

シンプルなリストラップ

無駄のないシンプルなリストラップなので、筋トレ初心者の方でも使いやすいです!

伸縮性がある

ご紹介したリストラップは頑丈で伸縮性も十分にあるので、非常に使いやすいです!

また、リストラップを着用して動作を行っても全く違和感がなく、手首がしっかりと守られているという安心感があります!

スポンサーリンク

リストラップを使用する種目

リストラップを使用する種目をご紹介していきます!

種目

・ベンチプレス

・インクラインダンベルベンチプレス など

ベンチプレス

①ベンチの上にあおむけになり、軽く胸を張ります。胸を張ったときに肩ががすくまないよう、斜め下に肩を少し下げます。(←ここがベンチプレスで一番難しいポイントかもしれません、、、。)

②自分の肩幅よりも少し広めにバーを握り、バーを持ち上げます。

※バーの握り幅は正確には1.5倍といわれていますが、ピッタリその幅でなくてはいけないということではありません。自分が一番ベンチプレスを行いやすい手幅で、かつ大胸筋に最も負荷が乗る位置で行うといいと思います。

③バーを垂直におろし、自分の胸の少し下あたりにバーがくるようにします。

④バーが体につくまで下ろせたら、今度はバーを真上に持ち上げます。この時に、バーを下ろしたときと同じルートに沿ってバーを持ち上げるようにします。

⑤この動作を繰り返し行います。

👇ベンチプレスに関する詳しい解説はこちら!

https://makotorelife.com/entry/form-right-bench

インクラインダンベルベンチプレス

①両手にダンベルを持ち、ベンチに座ります。

②軽く胸を張り、ダンベルを胸の真上に持ってきます。

③ダンベルをまっすぐ下におろします。

④ダンベルが下まで下ろせたら、今度は反対にダンベルをまっすぐ持ち上げます。この時に、ダンベルを下ろした時と同じルートを通ってダンベルを持ち上げるようにします。

⑤この動作を繰り返し行います。

👇インクラインダンベルベンチプレスに関する詳しい解説はこちら!

リストラップに関するQ&A

ここではリストラップに関するよくある質問にお答えしています!

Q.安くても大丈夫なの?

極端に安いものでなければ大丈夫です!

安いものは一見、他と変わらないように見えるのですが、強度が低く、使用してすぐに破れてしまう可能性があります。

なので、リストラップは800円以上のものを選んだほうがいいと思います!

Q.紹介されたリストラップは他のリストラップと比べてどう?

リストラップは同じような値段であれば、どのメーカーもそれほど大きな差があるわけではありません。

なので、リストラップを購入する際には、800円以上の使いやすそうなリストラップを選べば大丈夫です!

Q.リストラップは何を基準に選べばいいの?

リストラップを選ぶときは基本的に次の2つを基準にすることが大切です!

選ぶ基準

・値段

・商品の写真

リストラップは800円以上のものであれば、商品の質はそれほど大きく変わりません。

なので、選ぶ際にはまず値段を確認して、次に商品の写真を見て使いやすそうなものを選ぶといいと思います!

リストラップ以外のおすすめ補助具

今回はリストラップをご紹介しましたが、その他にも筋トレに役立つオススメ補助具があるので、ご紹介していきます!

おすすめの補助具

・トレーニングベルト

トレーニングベルト

<商品名>ゴールドジム(GOLD'S GYM) ブラックレザーベルトG3367 XS

その他のトレーニングベルトはこちら!

トレーニングベルトは、ベンチプレスやインクラインダンベルベンチプレスを行う際に使用する補助具です。

リストラップは手首の怪我を防ぐものでしたが、トレーニングベルトは体幹を固定して、腰の怪我を防いでくれます。

筋トレで高重量種目を行う際には必須の補助具です!

👇トレーニングベルトに関する詳しい記事はこちら!

まとめ

今回はAkihoBestのリストラップをご紹介しました!

安い・頑丈・使いやすい」の三拍子がそろった補助具なのでぜひチェックしてみてください!

もうちょっと考えてみようかな、、、」という方は他にも様々なリストラップがあるので、自分に合ったリストラップを選ぶようにしてください!(→その他はリストラップはこちら!

ただ、もう一度お伝えしますが、選ぶときには必ず以下の2つを確認するようにしてください!

選ぶ基準

・値段

・商品の写真

この2つの条件を満たしたものであれば、満足のいくリストラップが選べると思います!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう