歴11年が教える厳選おすすめプロテイン3種【筋トレ&ダイエット】
スポンサーリンク

この記事で解決できる悩み

・ダイエットにおすすめのプロテインが知りたい

・筋肉を太くするのにおすすめのプロテインが知りたい

・何を基準にプロテインを選んだらいいのかわからない

・プロテイン選びに失敗したくない

この記事に書かれていること

・失敗しないプロテインの選び方

・おすすめプロテイン3つ

・プロテインを飲む理由

・プロテインに関するよくある質問

皆さんこんにちは!この記事を書いたマコと言います。
筋トレ歴は11年、自宅筋トレ一筋でずっと筋トレをしています。
筋トレが大好きなので、アルバイトでイントラクターをやったりしていました。
現在は、「マコトレ」を通して主に自宅筋トレに関する情報発信をしています。

スポンサーリンク

歴11年が教える厳選おすすめプロテイン3種【筋トレ&ダイエット】

効果的なプロテインはどれ?」「プロテインは何を選べばいいの?

今回はこのような悩みを抱えた方々のために、筋トレやダイエットにおすすめのプロテインを3つご紹介していきます。

今回ご紹介するプロテインは全て、筋トレを11年行ってきた私自身が厳選したものであり、いずれもタイプの違うプロテインですので、自分に合ったプロテインを見つけることができると思います。

この記事では、皆さんがプロテイン選びに失敗しないように、「プロテインの選び方」も解説しています。

さらに、多くの方が気になっていると思われる、プロテインに関する疑問にもお答えしています。

ですので、この記事を読み終わる頃には、「自分にとって一番良いプロテイン」が何かわかることでしょう。

スポンサーリンク

初心者向け!失敗しないプロテインの選び方【ココだけ見ればOK】

それでは、おすすめのプロテインをご紹介する前に、失敗しないプロテインの選び方をご紹介します。

選び方は人によって違うとは思いますが、私的には次の4つのポイントさえ見れば、プロテイン選びに失敗することはないと思いますので、参考にしていただければと思います。

プロテイン選びのポイント

・種類

・値段

・得られる効果

・成分

種類

まず1つ目は、「プロテインの種類」です。

プロテインの種類によって、値段や効果は変わってきます。

種類は大きく分けて、ホエイプロテインカゼインプロテインソイプロテインの3種類です。

ホエイプロテインとカゼインプロテインは牛乳からつくられる動物性のタンパク質で、ソイプロテインは大豆からつくられる植物性のタンパク質になります。

このうち、ホエイプロテインは体への吸収が早く、カゼインプロテインとソイプロテインは吸収が遅いです。

これらのプロテインは、目的や時間によって使い分けるのですが、基本的にはホエイプロテインソイプロテインを選ぶことをおすすめします。(ちなみに、今回ご紹介しているのは全てホエイプロテインです)

なぜなら、ホエイプロテインは体への吸収が早く、ソイプロテインは乳製品のアレルギーをお持ちの方が一般的によく飲まれているプロテインだからです。

ですので、迷ったらこの2つのいずれかを選んでおけば間違いないと思います。

値段

2つ目は「値段」です。

どんなに気に入ったプロテインでも、値段が高すぎたら買えませんので、まずは自分の予算で買えるかどうかの確認をしましょう。(当たり前ですが、、、)

プロテインの値段の相場としては、、、

・安くて1㎏2000~3000円

・普通で1㎏3000~4000円

・高くて1㎏5000円以上

、、、といった感じです。

それなりにお金はかかります。

ですが、普通の食事でタンパク質を摂取しようとすると、同じくらい、もしくはさらにコストがかかる場合もあります。

また、食事から摂取する場合、食事の量が膨大になるため摂取するのも大変です。

そう考えると、タンパク質はプロテインでとった方が、コストも手間もかからないので良いと思います。

プロテインの値段を見る時に覚えておいていただきたいのは、「値段が安い=質が悪い」ではないということです。

値段が高いものは、プロテイン以外の有効な成分が含まれているため高くなっているのであって、値段が安いからといってプロテインとしての質が悪いわけではありません。

ですので、ご自分の予算に合うプロテインを選ぶようにしてください。

得られる効果

3つ目が、「得られる効果」です。

値段のお高いプロテインになってくると、「パンプアップしやすい!」「脂肪燃焼効果が高い!」といった効果がついていることがあります。

プロテイン自体はただのタンパク質ですので、普通はこのような効果は期待できないのですが、タンパク質以外の成分を含むことによって、このような効果の実現が可能となっています。

そのため、「タンパク質が取れればいい」という方は、値段の安い純粋なプロテインを買えばいいですが、「いろんな効果が欲しい」という方は、目的に合った効果が得られるプロテインを買うのをおすすめします。

ただ、改めてお伝えしますが、プロテインはタンパク質の補給が主要な目的です。

ですので、その他の付加効果があるからと言って、一気に体が変わることはありません。

その点をご理解したうえで選ぶようにしてください。

成分

最後は、「成分」です。

「中に含まれている成分は気にしない」という方は、わざわざ成分表を見なくてもいいのですが、気になる方は成分も確認する必要があります。

ただ、ダイエット目的の方筋肉を太くしたい方健康志向の方など、人によって気になる部分は様々だとおもいますので、各タイプの方がどこを見ればいいのかを以下にご紹介します。

ダイエットしている方

・30g当たりのカロリーが130㎉以下

・30g当たりの糖質(炭水化物)の量が4g以下

・30g当たりの脂質の量が2g以下

筋肉を太くしたい方

・タンパク質配合量が70%以上

・その他、筋肥大にかかわる成分の有無(HMBなど)

健康の維持・促進を目的としている方

ビタミン類の有無

人工甘味料の有無

原料の産地

以上になります。

最初はこのあたりを意識して選ぶと、自分の目的に合ったプロテインを見つけることができるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

筋トレ歴11年のおすすめプロテイン3選

それでは、おすすめのプロテインをご紹介していきます。

今回ご紹介するプロテインは全てホエイプロテインになります。

そのうちの1つは「筋肥大に特化したプロテイン」、もう1つは「ダイエットに特化したプロテイン」、そして、最後はどんな目的でも飲める最安価のプロテインになります。

それぞれのプロテインに特徴がありますので、ご自分に合ったプロテインを探してみてください。

また、各プロテインの口コミや効果、成分についての詳細記事もリンクとして貼っていますので、気になったプロテインがあればチェックしてみてください。

パーフェクトパンププロテイン

まず1つ目は、「【パーフェクトパンププロテイン】 」のご紹介になります。

こちらのプロテインは筋肥大に特化したプロテインですので、「マッチョになりたい」「細マッチョになりたい」といった方向けになります。

商品の詳細と特徴

<値段>

通常: 1㎏ 9800円

1ヵ月定期コース: 1㎏ 8330円

<成分量(30g当たりの量)※ミックスベリー味>

・エネルギー… 109

・タンパク質… 22.4g

・脂質… 0.4g

・炭水化物… 4.2g(糖質3.69g/食物繊維0.51g)

・食塩相当量… 0.09g

特徴

・飲んだ後に筋トレをすると、筋肉がパンプアップし、その状態が継続される

・筋トレのパフォーマンスが良くなるため、終わった後に満足感がある

・筋肉量や筋力の向上に効果がある

・粉が溶けやすく、味がスッキリしているため、美味しくて飲みやすい

・貴重な成分が多く含まれているため、体づくりに必要なサプリを別々で買うより安い

・WPI製法だからお腹がゴロゴロしたり、痛くなったりしない

・飲んだ後の効果に即効性がある

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

・本気で筋トレをされる方

・効果を実感したい筋トレ初心者の方

・筋肥大や筋力の向上を目的として筋トレをされている方

<おすすめの理由>

こちらのプロテインの特徴を見ていただければわかると思いますが、筋肥大に特化した成分が多く含まれています。

成分をモリモリにした結果、値段もかなり高めになっていますが、口コミには、、、

筋トレのパフォーマンスが向上する

筋トレ中や筋トレ後のパンプアップ効果がある

筋肉量や筋力の向上した

、、、といった効果が報告されています。

これらの理由から、パーフェクトパンププロテインは筋肥大を目的として方におすすめです。

👇パーフェクトパンププロテインの口コミ、効果、成分の詳細はこちら。

FIXITプロテイン

2つ目は、「FIXITプロテイン」のご紹介になります。

こちらのプロテインはダイエットに特化したプロテインですので、「体重を落としたい」「細くなりたい」といった方向けになります。

商品の詳細と特徴

FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテイン

<値段>

通常: 1㎏ 2980円

<成分量(30g当たりの量)※バニラ味>

エネルギー: 118

タンパク質: 22.8g

脂質: 1.6g

炭水化物: 3.1g

食塩相当量: 0.2g

タンパク質含有量: 80.4%(製品無水物あたり)

特徴

・余計な脂肪をつけずに十分な量のタンパク質を摂取できる

・小麦アレルギーの方や血糖値が気になる方でも飲める

・低糖質&低カロリーだからダイエット中でも飲める

・ダイエットの空腹時に満腹感を得ることができる

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

・ダイエット目的で筋トレをされている方

・ダイエット中に甘いものが摂りたくなる方

・摂取カロリーをできるだけ減らしたい方

・できるだけ低コストで抑えたい方

<おすすめの理由>

ダイエット中というのはお腹がすきますし、ジャンクなものが食べたくなると思います。

そんな時に、甘くて美味しい、ジュースのようなプロテインがあれば、ダイエットのモチベーションが上がります

このプロテインはシェイクのような甘さがあり、かつ、市販のプロテインよりも低糖質&低カロリーにできているため、ダイエット時に重宝するプロテインです。

👇FIXITプロテインの口コミ、効果、成分の詳細はこちら。

ニチガホエイプロテイン(インスタント)

最後は、「ニチガホエイプロテイン(インスタント)」のご紹介になります。

こちらのプロテインは特別、何かに特化したものではありませんが、とにかく安さと安全性を追求したプロテインです。

ですので、「とにかく安いのがいい」「安全なプロテインを探している」といった方向けになります。

商品の詳細と特徴

<値段>

通常: 1㎏ 2000円

3袋同時購入: 3㎏ 4740円

<成分量(100g当たりの量)※プレーン味>

エネルギー: 395

たんぱく質(乾物換算): 77.5g(81.0g)

脂質: 5.5g

炭水化物: 8.9g

食塩相当量: 1.0g

タンパク質含有量: 77.5%(81.0%)

特徴

・安価で高品質なプロテインを摂取することができる

・安全性が高いため、健康に気を遣っている方でも安心して飲むことができる

・栄養価が高いため、忙しい時の栄養補給に優れている

・タンパク質配合量が多いため、効率よくタンパク質を補給できる

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

・「安ければ味は気にしない」という方

・できるだけプロテインの出費を安く抑えたい方

・タンパク質配合量が高いプロテインをお探しの方

・体の健康に気を遣っている方

・人工甘味料をできるだけ摂取したくない方

・効率よく筋肉をつけたい方

<おすすめの理由>

こちらのプロテインは、とにかく安さと安全性を追求したプロテインになります。

これほど安いプロテインは他に見たことがありません。

プレーン味ですので無味ですが、安価で高タンパク質なプロテインが飲めるため、できるだけ費用を抑えたい方には適しています。

👇ニチガホエイプロテイン(インスタント)の口コミ、効果、成分の詳細はこちら。

プロテインを飲む意味

冒頭でもお伝えしましたが、プロテインを飲むのは不足している分のタンパク質を摂取するためです。

ではなぜ、サプリとしてプロテインを摂取するのかというと、主な理由は2つあります。

プロテインを摂取する理由

・1日に必要なタンパク質を食事からとろうとすると、食事量が多くなってしまって大変だから。

・体内に吸収しやすいから。

まず、1つ目の理由についてですが、筋トレをしている人が1日に必要なタンパク質の量は体重×2~2.5(g)と言われています。

この量を食事などの固形物からとろうとすると、かなりの量になってしまいます。

そこで、手軽に飲料として摂取できるプロテインが重宝するわけです。

固形物から摂取するよりはるかに摂取しやすいので、小食な方でも大丈夫です。

続いて2つ目の理由ですが、食事からタンパク質を摂取しようとした場合、体の中で食事を消化して、栄養として体内に吸収するのには時間がかかります。

ですが、プロテインで摂取した場合、早い段階で体内に吸収することができます。(ホエイプロテインの場合)

筋肉を成長させるうえで、タンパク質の摂取タイミングは重要ですので、必要な時にすぐに吸収できるプロテインは非常に便利です。

ただし、プロテインの種類によって体への吸収速度は変わります。

今回ご紹介してきたようなホエイプロテインは体への吸収が早いですが、カゼインプロテインやソイプロテインは吸収が遅いので注意しましょう。

以上の理由から、プロテインを飲むことに意味があるということができます。

ただ、理想的なのは、様々な栄養を一緒にとれる食事からタンパク質を摂取することですので、可能なかぎりタンパク質は食事から摂取するようにして、足りない分を補うためにプロテインを摂取するようにしましょう。

プロテインに関するよくあるQ&A

最後に、プロテインに関するよくある質問にお答えしていきます。

興味のある質問があればチェックしてみてください。

Q.プロテインなしでも筋肉は成長するのか?

プロテインなしでも筋肉は成長します

プロテインは筋肉の成長に必要なタンパク質を摂取するサプリなので、食事から十分なタンパク質が摂取できるのであれば、わざわざプロテインを摂取する必要はありません。

ただ、プロテインの利点は体への吸収が早いところなので、普通に食事をとるよりも効率的にタンパク質を摂取することができます。

また、素早く摂取できるので、食事をとる暇もない忙しい方でも、食事の代わりとして摂取することができます。

よって、プロテインなしでも筋肉は成長しますが、効率的に素早く栄養を摂取するためにプロテインを飲むのもおすすめです。

👇詳しくはこちらの記事をどうぞ。(プロテインの代わりになる食材なども紹介しています)

Q.プロテインは1日何回摂取すればいいのか?

プロテインの摂取回数に決まったものはありませんが、1日2~3回程度がちょうどいいと思います。

これ以上プロテインを摂取すると、カロリーのとりすぎで太ってしまったり、お腹を壊してしまったりしてしまうこともあります。

私は過去に、プロテインのとりすぎでよくお腹を壊していました、、、。

ですので、プロテインのとりすぎには十分に注意するようにしてください。

Q.プロテインの適切な摂取タイミングはいつ?

プロテインには適切な摂取タイミングがあります。

ここでは、その適切な摂取タイミングを簡単にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

適切な摂取タイミング

・朝

・筋トレの30分前

・筋トレ後30分以内

・就寝前(カゼインプロテインもしくはソイプロテインがおすすめ)

・空腹時

・食事をとる時間がない時

Q.食事をプロテインに置き換えてもいいのか?

食事をプロテインに置き換えるのは、可能であれば避けるべきです。

なぜなら、体を健康に保つため、筋肉をつけるためにはタンパク質以外の栄養も必要だからです。

どうしても時間がなくて食事がとれないときは、プロテインだけでも摂取した方がはるかに効果的ではありますが、意図的に食事をプロテインに置き換えることはあまりおすすめしません。

ただし、食事以外で必要な栄養がすでに取れているのであれば、食事をプロテインに置き換えるのは問題ないと思います。

Q.プロテインを飲むと太るのか?

プロテインは意外とカロリーがあるので、運動をしていない方がプロテインを飲むと確かに太ります

ただ、筋トレをしている方、運動をしている方であればエネルギーが消費されていますし、基礎代謝も上がっているので、プロテインを飲んだから太るということはありません。

また、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れていれば、プロテインで太ることはありません。

ただし、何度も言うように、プロテインは不足している分の栄養を補うものですので、必要もないのにプロテインをとることは避けましょう。

まとめ

今回はおすすめのプロテインを3つご紹介してきました。

内容をまとめるとこんな感じになります。

まとめ

【初心者向け!失敗しないプロテインの選び方【ココだけ見ればOK】】

・種類

・値段

・得られる効果

・成分

【筋トレ歴11年のおすすめプロテイン3選】

・パーフェクトパンププロテイン

・FIXITプロテイン

・ニチガホエイプロテイン(インスタント)

【プロテインを飲む意味】

・1日に必要なタンパク質を食事からとろうとすると、食事量が多くなってしまって大変だから。

・体内に吸収しやすいから。

【プロテインに関するよくあるQ&A】

Q.プロテインなしでも筋肉は成長するのか

→ プロテインなしでも筋肉は成長する。

Q.プロテインは1日何回摂取すればいいのか?

→ プロテインの摂取回数に決まったものはないが、1日3回程度がちょうどいい。

Q.プロテインの適切な摂取タイミングはいつ?

→ 適切な摂取タイミング

・朝

・筋トレの30分前

・筋トレ後30分以内

・就寝前(カゼインもしくはソイがおすすめ)

・空腹時

・食事をとる時間がない時

Q.食事をプロテインに置き換えてもいいのか?

→ 食事をプロテインに置き換えるのは、可能であれば避けるべき。

Q.プロテインを飲むと太るのか?

→ 運動をしていない方がプロテインを飲むと太る。

記事内でさんざんお伝えしてきましたが、プロテインは食事で足りなかった分のタンパク質を補給するための物だということを覚えておいてください。

ですので、飲んだからと言って体が劇的に変化したりすることはありません。

筋トレと睡眠と食事をバランスよく行うことで体は変わりますので、筋トレと睡眠もないがしろにしないようにしましょう。

この2つについては他の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はそちらもぜひご覧ください。

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

👇体を変えるために必要な筋トレの全てを知りたい方はこちら。

👇体を変える睡眠についてはこちら。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう