「チンニングバー使うとドア壊れるの?」使用前の注意点とドアを壊さないチンニングバー

この記事はこんな方におすすめです!

こんな方におすすめ!

・チンニングバーを使うとドアが壊れるのか知りたい!

・チンニングバーを使う前に何に気を付けたらいいのか知りたい!

・ドアを壊さないで済むチンニングバーを探している

スポンサーリンク

「チンニングバー使うとドア壊れるの?」使用前の注意点とドアを壊さないチンニングバー

これから自宅でチンニングをしようと考えている方の中には、「チンニングバーを使うとドア壊れるの?」と心配されている方がいらっしゃると思います。

ですので、今回はチンニングバーを使用する前の注意点と、ドアを壊さないおすすめのチンニングバーをご紹介していきます。

この記事を読むことで、チンニングバーに関する不安も解決されると思いますのでぜひ最後までご覧ください!

チンニングバーを使うとドアが壊れる?

正直に申し上げますが、チンニングバーを使用するとドアが壊れてしまうこともあります

実際に、私もチンニングバーによってドアが壊れる現場を目撃したことがあります。

チンニングバーには必要な耐久性が備わっていますが、自宅のドアの耐久性に関してはハッキリとした数値がありませんので、ドアが壊れることも仕方がないといえば仕方のないことです。

とはいえ、自宅のドアを壊したくはないですよね?

ですので、チンニングバーを自宅で使用したい方は、次の章でご紹介する注意点に気を付けるようにしましょう!

また、最後の章ではドアを壊さないチンニングバーもご紹介していますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

スポンサーリンク

チンニングバー使用前の注意点

チンニングバーでドアを壊さないために、事前に注意すべきことがあります。

ここではその注意点についてご紹介していきます。

使用する前には必ず確認をするようにしてください!

使用前の注意点

・ドア枠の耐久性を確認する

・使用するチンニングバーが負荷を分散できるか確認する

ドア枠の耐久性を確認する

最初に確認すべきことは「ドア枠の耐久性」です。

しかし、ドア枠の耐久性を数値で表すのは難しいので、見たり触れたりした感覚で判断するしかありません。

老朽化が進んでいてドア枠がぐらついている場合は、チンニングバーを使用するのを避けた方がいいと思います。

ですが、特にドア枠の劣化が起きていなければ、チンニングバーの使用を考えても大丈夫です。

使用するチンニングバーが負荷を分散できるか確認する

次に確認するのが「チンニングバーの負荷の分散」です。

チンニングバーも日々、進化を続けており、ドア枠に負担がかかりすぎないように負荷を分散する設計になっているものがでてきています。

ドア枠を壊すというリスクを回避するためにも、できるだけ負荷を分散するデザインのチンニングバーを選ぶようにしましょう。

ドアを壊さないチンニングバー

それでは最後に、ドアを壊さないチンニングバーのご紹介をしていきたいと思います。

<商品名> MUSCOACH 懸垂バー ネジ不要 安全ロック付き 滑り止め チンニングバー ドアジム ぶらさがり棒 室内用 腹筋トレーニング 新開発(72-110CM)

<値段> 2711円

<商品詳細>

・長さ72~110cmまで伸縮可能(適応設置幅:74~95cm)

・耐荷重最大200キロ

・素材:スチールチューブ、PVC、PP

・壁との接触部分にシリコンがついている

・重力を左右に分散させる

・ネジ止め不要

・1年製品保証付き

おすすめポイント

・耐荷重が最大200キロあるため、ほとんどの人が使用できる。

・重力を左右に分散させるため、動作中にバーが落ちることがない。

・ネジ止め不要で接触部分にシリコンもついているため、家のどこでも使用することができる。

👇負荷を分散するチンニングバーはこちら!

まとめ

今回はチンニングバーを使用するときの注意点と、ドアを壊さないチンニングバーをご紹介してきました。

まとめるとこんな感じになります。

まとめ

<チンニングバーを使うとドアが壊れる?>

チンニングバーを使用するとドアが壊れてしまうこともる。

<チンニングバー使用前の注意点>

・ドア枠の耐久性を確認する

・使用するチンニングバーが負荷を分散できるか確認する

<ドアを壊さないチンニングバー>

→ MUSCOACHのチンニングバー

今回お伝えしたように、チンニングバーでドア枠が壊れてしまうことはあります。

しかし、劣化していないドアでチンニングバーを正しく使用すれば、ドア枠が壊れてしまうということはありません。

特に、今は負荷を分散させるチンニングバーも増えてきていますので、「ドアが壊れるかも、、、、」と神経質になりすぎずに、自分に合ったチンニングバーを選ぶようにしましょう!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう