「チンニングをしていると手が痛い!」その悩みを解決するパワーグリップご紹介!
スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめ!

こんな方におすすめ!

・チンニングをしていると手が痛い!

・おすすめのパワーグリップが知りたい!

・チンニングをしても手が痛くならない方法を知りたい!

スポンサーリンク

「チンニングをしていると手が痛い!」その悩みを解決するパワーグリップご紹介!

チンニングをしていると手が痛い!」こんなことありませんか?

今回はこんな方々のために、手が痛くなくなるおすすめの筋トレグッズをご紹介していこうと思います!

その筋トレグッズとは、「パワーグリップ」です。

聞いたことがある方も多いと思いますが、この筋トレグッズを使用すれば手の痛みを軽減し、さらにはチンニングの効果も高めることができます!

詳細をこれから解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

手が痛くなくなる!?チンニングのおすすめパワーグリップ

それでは、おすすめのパワーグリップをご紹介していきます!

<商品名> ALLOUT パワーグリップ プロ 正規品 フリーサイズ (ホワイト)

<値段> 2980円

<詳細>

・摩擦に強い特殊ノンスリップラバーを使用

・最も耐久性の高いSCVラバーを使用

・高反発クッションを使用

・接着強化型のベルクロを使用

・S、M、XLからサイズ選択可能 ・プロボディビルダーが監修

おすすめポイント

・摩擦に強い素材を使っているから、バーにしっかりとフィットして外れにくく、快適に動作ができる。

・耐久性の高いSCVラバーや接着硬化型のベルクロ(ベルト)を使っているから、長期間使用しても問題ない。

・ボディビルダーが監修しているから、使いやすさが保証されている。

スポンサーリンク

失敗しない!パワーグリップの選び方

先ほど、おすすめのパワーグリップをご紹介しましたが、「もっとほかのパワーグリップも見てみたい!」という方もいらっしゃると思います。

ここでは、そんな方々が筋トレグッズ選びで失敗しないように、パワーグリップの正しい選び方をご紹介していきたいと思います。

これからご紹介するポイントを知っているか知らないかで選び方が全く変わってきますので、しっかりとポイントを押さえておくようにしてください!

パワーグリップの選び方

①グリップの強さで選ぶ。

②使いやすさで選ぶ。

③評価を見て選ぶ。

①グリップの強さで選ぶ。

選ぶポイントの1つ目は、「グリップの強さ」です。

簡単に言うと、滑りにくさです。

パワー具リプの素材によって異なるグリップの強さですが、強い方が動作を行いやすいです。

バーを握っても簡単に外れてしまうようでは、逆に動作がやりにくくなってしまいます。

ですので、パワーグリップを選ぶ際には、グリップの強さが強調されているものを選ぶようにしましょう。

②使いやすさで選ぶ。

2つ目は、「使いやすさ」です。

これは実際に使ってみないと何とも言えない部分ではあるのですが、見た目でもある程度は判断できます。

筋トレ初心者が始めてパワーグリップを使用するのであれば、使い方が複雑な物は選ばないようにしましょう。

簡単にバーや手につけたり、外したりできるものがおすすめです。

③評価を見て選ぶ。

最後のポイントは、「他の人の評価」です。

パワーグリップのような筋トレグッズは先ほどもお伝えしたように、実際に使ってみないとわからない部分が多いです。

ですが、自分でいろんなパワーグリップを買って確かめるわけにもいきません。

そこで、他の人の評価を参考にします。

もちろん、全てをそのまま信じるのではなく、あくまで参考にする程度です。

評価の高いものには理由がありますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

手が痛くならないための工夫

チンニングの最中に手が痛くならないようにパワーグリップをご紹介してきましたが、「お金をかけたくないな、、、」という方もいるでしょう。

ですので、お金をかけなくてもできる「手が痛くならない工夫」をご紹介しようと思います。

といっても、非常に簡単な方法です。

それは、「手にタオルを巻く」です。

シンプルな方法ではありますが、何もつけずにチンニングするよりもはるかに痛みを軽減できます。

しかし、パワーグリップのように使い勝手が良いわけではありませんので、快適にチンニングを行いたい方はパワーグリップもチェックしてみてください。

まとめ

今回はチンニングをしても手が痛くならないおすすめのパワーグリップをご紹介しました。

まとめるとこんな感じになります。

まとめ

<手が痛くなくなる!?チンニングのおすすめパワーグリップ>

→ ALLOUTパワーグリップ

<失敗しない!パワーグリップの選び方>

①グリップの強さで選ぶ。

②使いやすさで選ぶ。

③評価を見て選ぶ。

<手が痛くならないための工夫>

→ 手にタオルを巻く

パワーグリップは手の痛みを軽減するだけでなく、チンニングの効果を高める働きもしてくれます。

チンニングがなかなかうまくできない方はぜひ使ってみてください!

そうすれば、今まで以上にチンニングがやりやすくなるでしょう!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう