チンニングをしても筋肉痛にならない!その悩み100%解決できます!
スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめです!

こんな方におすすめです!

・チンニングをしても筋肉痛にならない理由が知りたい!

・筋肉痛になるチンニングの方法を知りたい!

・筋肉痛の時にチンニングをしてもいいのか知りたい!

スポンサーリンク

チンニングをしても筋肉痛にならない!その悩み100%解決できます!

チンニングをしても筋肉痛にならない!

こんな悩みを抱えている方はいないでしょうか?

筋トレを始めたばかりの頃は、チンニングを広背筋にしっかりと効かせるのって難しいですよね。

そこで今回は、確実に広背筋が筋肉痛になるチンニングのやり方をご紹介していきます!

この記事を読めば、筋肉痛にならないことで悩むことはなくなりますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

チンニングをして100%筋肉痛になる方法

それでは、チンニングで筋肉痛になる方法をご紹介していきます。

筋肉痛になるために必要なことは以下の3つです。

筋肉痛になるために必要なこと

・正しいフォームで動作を行う。

・体を下げる時は2~3秒ほど時間をかけてさげる。

・インターバルを2分にする。

正しいフォームで動作を行う

まず、方法の1つ目は「正しいフォームで動作を行う」です。

目的とした筋肉が筋肉痛になるためには、正しいフォームで動作を行わなければいけません。

正しいフォームで動作を行わなければ、目的とした筋肉ではない別の筋肉が筋肉痛になってしまいます。

ですので、まずは目的とした筋肉にしっかりと刺激を与えられるように、正しいフォームで動作を行うようにしましょう!

体を下げる時は2~3秒ほど時間をかけてさげる

続いては、「体を下げる時は2~3秒ほど時間をかけてさげる」ということです。

筋肉は、伸びている状態の時に力が加わると強い刺激を得ることができます。

もっと簡単に言うと、筋肉がストレッチされている状態の時に力が加わると強い刺激が得られます。

ですので、チンニングで体を持ち上げる時は1秒ほどで上げてもいいのですが、体を下げる時は2~3秒ほど時間をかけて下げた方が効果的です。

これが、筋肉痛になる最も重要なポイントです。

どんな人でも、この方法を用いれば確実に筋肉痛になります。

ぜひ試してみてください!

インターバルを2分にする

最後は、「インターバルを2分にする」です。

通常の筋トレではインターバルを1分にするのですが、それだと筋肉が回復するには時間が短すぎる場合があります。

ですので、インターバルを2分にして、筋肉が全力に近い力を発揮できるようにします。

特にチンニングは広背筋だけでなく腕の関与が大きい種目ですので、あまりインターバルを短くしすぎると腕が先に疲れてしまい、広背筋に十分な刺激が与えられなくなるので注意しましょう!

スポンサーリンク

筋肉痛の時にチンニングをしてもいいのか?

筋肉痛の時に筋トレをしてもいいのか?」という疑問に対する答えは、現在も様々な意見に分かれています。

そのため、「コレが絶対正しい!」という明確な答えは出せませんが、私個人の意見としては筋肉痛の時にチンニングをしないほうがいいと思います。

理由は2つあり、1つは筋肉痛の時にはまだ筋肉を修復している最中だと考えているからです。

そしてもう1つは、以前、筋肉痛の時に筋トレを行っていた時期があり、その頃に自分の筋肉量が減ってしまったからです。

これら2つの理由から、私は筋肉痛の時に筋トレをしないほうがいいと考えています。

ですので、多少の筋肉痛なら筋トレをしても問題はないと思いますが、筋肉痛が激しい時にはチンニングを控えることをオススメします!

まとめ

今回は筋肉痛になるチンニングの方法を解説してきました。

まとめるとこんな感じになります。

まとめ

<チンニングをして100%筋肉痛になる方法>

・正しいフォームで動作を行う。

・体を下げる時は2~3秒ほど時間をかけてさげる。

・インターバルを2分にする。

<筋肉痛の時にチンニングをしてもいいのか?>

→ 筋肉痛の時はチンニングをしないほうがいい。

【理由】

・筋肉痛の時は、まだ筋肉を修復している最中だから。

・実際に、筋肉痛の時に筋トレをしていて筋肉量が減ったから。

チンニングは体を上げ下げするスピードに変化をつければ、簡単に広背筋を筋肉痛にすることができます。

ですので、今まで筋肉痛にならなくて悩んでいた方はぜひ試してみてください!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう