知らないと挫折する!筋トレ初心者の前に立ちはだかる壁と乗り越え方

この記事を読むとこんなことがわかります!

読むとわかること

・筋トレ初心者が直面する壁

・直面した壁を乗り越える方法

・筋トレが成功する人の特徴

スポンサーリンク

知らないと挫折する!筋トレ初心者の前に立ちはだかる壁と乗り越え方

筋トレを始めてみたけど失敗しないか不安、、、

こんな不安を抱いている筋トレ初心者の方は多いのではないでしょうか?

ですが、安心してください!

筋トレをしていると様々な壁に直面しますが、正しく対処していけば必ずマッチョになることができます!

私自身も自宅での筋トレを約10年以上続けてきて、様々な壁に直面し、失敗もしてきましたが、その度に試行錯誤を繰り返して乗り越えてきました。

今回はそんな私が、筋トレ初心者の前にに立ちはだかる壁と、その乗り越え方をご紹介していきます。

この記事に書かれていることを実践すれば、確実に自分の理想とするマッチョに近づくことができることをお約束します。

筋トレ初心者の壁と乗り越え方

それでは、筋トレ初心者がこれから直面するであろう壁と、その壁を乗り越える方法をご紹介していきます。

まず、直面する壁ですが、大きく分けて以下の3つになります。

筋トレ初心者が直面する壁

・やる気が起きない

・効果が出ない

・続かない

これらは、筋トレ初心者が筋トレをやめてしまう主な原因でもあります。

マッチョになるためにはこれらの壁を乗り越える必要がありますので、筋トレ初心者の方はこれからご紹介する壁を乗り越えるための方法を参考にしていただければと思います。

やる気が起きない

👇「やる気が起きない」という壁を乗り越える方法はこちら!

効果が出ない

👇「効果が出ない」という壁を乗り越える方法はこちら!

続かない

👇「続かない」という壁を乗り越える方法はこちら!

スポンサーリンク

筋トレが成功する人の特徴

筋トレが成功する人には2つの特徴があります。

それは、「継続ができる」ことと、「PDCAサイクルを常に回している」ということです。

この2つができている人は、順調にマッチョロードを歩んでいくことができます。

それぞれをわかるように詳しく解説します。

まず、「継続ができる」ということですが、これはシンプルに「筋トレを続けることができる」という意味です。

継続はマッチョになるために最も重要なことだといえます。

今日は疲れたし筋トレ休もうかな、、、」というように、筋トレを全くやらない日をつくってしまうと、筋トレを休むことが習慣化されてしまい、継続することができなくなってしまいます。

ですので、体調が悪い時以外は、基本的に筋トレを休まずに少しでもやることが大切です。

次に、「PDCAサイクルを常に回している」ということについてです。

PDCAについては多くの方がご存じだとは思いますが、わからない方のために簡単に説明します。

PDCAは4つの単語の頭文字を合わせた言葉になります。

PはPlan(計画)、DはDo(実行)、CはCheck(評価)、AはAction(改善)です。

この「計画→実行→評価→改善」というサイクルを繰り返していくと、取り組んでいる物事がより良くなっていきます。

これは、会社や学校など様々な場面で使われるものですが、筋トレにおいても有効に用いることができます。

筋トレの計画を立て、計画を実行に移し、実際にやったことの評価を行い、必要に応じて改善していくというサイクルを繰り返すことで、筋トレの計画の質が向上し、筋トレの効果も高めることができます

このように、「継続すること」と「PDCAサイクルを常に回す」という2つのことができれば、これから直面していく壁を乗り越えていくことができるでしょう!

ですので、「筋トレを成功させたい!」という方は、この2つを意識的に行うようにしてみてください!

まとめ

今回は筋トレ初心者の前に立ちはだかる壁と、その壁を乗り越える方法をご紹介してきました!

まとめとこんな感じになります。

まとめ

<筋トレ初心者の壁と乗り越え方>

〇直面する壁

・やる気が起きない

・効果が出ない

・続かない

<筋トレが成功する人の特徴>

〇筋トレが成功する人の特徴

・継続ができる

・PDCAサイクルを常に回している

今回ご紹介したことを筋トレ初期の段階で知っていれば、筋トレの成功に一気に近づくことができます。

あとは、知識として得たことを実際に行えば、自宅でも自分が理想とするマッチョになれることができるでしょう!

皆さんがいち早くマッチョになれるように応援しています!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう