トレーニングベルトとは?使い方を詳しく解説します!【腰の負担軽減!】
スポンサーリンク

この記事はこんな方にオススメです!

こんな方にオススメ!

・筋トレをすると腰が痛くなることがある

・筋トレで高重量を扱うことが多い

・トレーニングベルトについて詳しく知りたい!

・トレーニングベルトは安いものでも大丈夫なの?

それでは、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

【高重量トレーニングに不可欠な補助具】トレーニングベルトの使い方を詳しく解説!

皆さんこんにちは!マコです!

皆さんはトレーニング中に腰が痛くなることはないですか?

特にスクワットやデッドリフトをやっているときなんかは腰を痛めやすいと思います。

これらの高重量種目は体への負担が大きいので、手首やひじ、腰を痛めないように注意してトレーニングを行う必要があります!

ですが、いくら注意していたとしても体を痛めてしまうことはあります。

なので、体の負担を減らし、けがを防ぐためにもトレーニングベルトをつけてトレーニングすることをオススメします!

ベルトはトレーニングで高重量を扱う人たちなら必ずと言っていいほど使っている必須の補助具です!

ということで今回はトレーニングベルトの値段や使い方、使ってみた感想などを詳しくお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

用途

トレーニングベルトは腹部を締め付けて体を固定し、怪我を防止するための道具です。

体が安定しないまま高重量を扱ったりすると腰を怪我する危険があるので、スクワットやデッドリフトベントオーバーロウ、ベンチプレスなど、腰に負担がかかる種目を行うときには使用したほうがいいと思います!

スポンサーリンク

種目

トレーニング用のベルトを使用するのはスクワットやデッドリフト、ベンチプレス、ベントオーバーロウなど、腰に負担がかかる種目や各部位の高重量種目ではよく使用します。

また、チーティングなどを使ってトレーニングする方も使ったほうがいいとおもいます。

腰はある日突然痛めたりするので、日ごろから備えをしておくようにしましょう!

値段・種類

トレーニングベルトは 使われている素材やメーカー、サイズによって値段が変わります。

値段は安いもので2000~4000円程度。

高いものだと8000~10000円以上の値段がします。

ちなみに私が使っているのはゴールドジムブラックレザーベルトG3367というベルトで、値段は5000円ぐらいです。

トレーニングベルトを選ぶときに素材やメーカーはあまり気にしなくていいと思いますが、サイズは自分のウエストに合ったものでないと腹部が十分に締め付けられないので、自分のサイズをしっかりと調べたうえで選ぶようにしましょう!

使い方・注意点

トレーニングベルトも普通のベルトと同じ要領で腹部に巻いて使います!

巻くときに、トレーニングベルトが腰にフィットする位置に巻くようにします。

👇こんな感じです!

また、巻くときはきつく締めないといけないので、自分の体重をかけながらベルトを締めるといいです!

👇体重をかけたほうが締めやすいですよ!

万が一ベルトのサイズが合わなかった場合は、応急処置としてベルトと腰の間にタオルなどを詰めておくといいと思います。

ですが、あまりオススメはしません。

私も前に詰め物をしてトレーニング用のベルトを使っていましたが、腰にフィットしずらいので補助具としての役割を果たせているのかは微妙な感じでした。

なので、あくまで詰め物は応急処置として考え、自分に合ったサイズのベルトを早めに用意することをオススメします!

<注意点>

トレーニングベルトを使うときには次の3つのことに注意してください!

ベルトが緩くならないようにする。

👇悪い例

体にフィットする位置にベルトを合わせる。

👇良い例!

息ができないほど強く締めないようにする。

入手優先度

トレーニングベルトの入手優先度は5段階で表すと4ぐらいです。

けがを防ぐための補助具なので、できれば早めに用意することをお勧めします!

特に、日ごろのトレーニングで高重量を扱っている方は腰を痛めやすいので、けがをする前にトレーニングベルトを使用したほうがいいと思います!

メリット

トレーニングベルトを使うことによるメリットは3つあります。

腰を痛めにくくなる

動作が安定して行える

動作が安定することによって、トレーニング効果が向上する

使ってみた感想

トレーニングベルトを使うことで動作が安定するようになり、腰を痛めることがほとんどなくなりました。

ただ、ベルトは腹部を強く圧迫するので、ず~とつけていることはお勧めしません。

なので、使ったらこまめに外すようにしましょう!

こんな人にオススメ!

トレーニング中に腰が痛くなる

スクワットをするときに体がぶれる

腰が痛くて最後まで追い込めない

高重量トレーニングをよくする

安いものでも大丈夫なのか?

トレーニングベルトは安いものでも特に問題はないと思いますが、腰への負担が大きくならないように体にフィットするものを選ぶ必要があります。

私が今使っているゴールドジムのトレーニングベルトは5000円程度ですが、その点は全く問題はありません。

なので、長期で愛用したいというのであれば、私が使っているベルトもオススメです!

あまり安すぎると何かと不安なので、しっかりと商品の説明を読んでから選ぶようにしましょう!

👇ゴールドジムトレーニングベルトはこちら!

その他のトレーニングベルトはこちら!

まとめ

トレーニングベルトは安全にトレーニングを続けるうえで必要なものです。

トレーニング初心者の方であっても、後々必要になると思います。

ですが、トレーニングでそれほど高重量を扱わない方は無理に用意する必要はありません。

なので、自分のトレーニングに合わせて補助具を使うかどうかを考えるようにしてください!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

👇その他、おすすめの補助具はこちら!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう