筋トレやりすぎてないですか?オーバートレーニングで起こる体の異常!【効果でない人必見!】
スポンサーリンク

この記事はこんな方にオススメです!

こんな方にオススメ!

・疲れがとれない

・3か月たっても筋トレの効果が感じられない

・オーバートレーニングについて詳しく知りたい!

それでは、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

筋トレやりすぎてないですか?オーバートレーニングで起こる体の異常!【効果でない人必見!】

皆さんこんにちは!マコです!

突然ですが、皆さんは「体が重い、体調がすぐれない、筋肉痛が治らないということはありませんか?

それは、もしかするとオーバートレーニング(トレーニングのやりすぎ)が原因かもしれません。

今回は、オーバートレーニングによってどのような異常が体にあらわれるのかについてやオーバートレーニングにならないために注意すべきことなどについてお話ししていきます!

スポンサーリンク

オーバートレーニングとは

f:id:makotore:20181204230718p:plain

オーバートレーニングとは、簡単に言うとトレーニングのやりすぎです。

もう少し細かく言うと、筋肉を壊す作業に対して筋肉の修復の作業が間に合っていない状態のことをいいます。

オーバートレーニングに陥る原因としては2つのことが考えられます。

1つ目は、1回のトレーニング量が多すぎるということ。

もう1つは、1週間に同じ部位を何度も鍛えてしまっているということです。

オーバートレーニングに陥ると筋肉の回復が間に合わないため、筋肉の成長がないだけでなく、逆に筋肉が衰退していってしまう可能性があります。

なので、しっかりと筋肉の回復の過程を理解したうえでトレーニングメニューを組んでいくことが必要になります!

スポンサーリンク

筋肉の回復過程

f:id:makotore:20181129152340p:plain

トレーニングは体の筋肉を壊す作業ですので、体の筋肉を修復して改善するために休養も必要になります。

休養によって筋肉の修復にかかる時間はだいたい48~72時間かかるといわれているので、日数としては2~3日ということになります。

ですが、「じゃあ、2日開ければ同じ部位のトレーニングをしても大丈夫!」というわけではありません!

筋肉の修復は終わっているはずなのになんでダメなの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、筋肉の修復は間に合っても、関節の回復は間に合っていない可能性があるのです!

関節はトレーニングではもちろんのこと、日常生活の中でもよく使います。

なので、あまりにも日を詰めて同じ部位のトレーニングをしすぎると関節を痛めてしまったり、けがをしてしまう可能性があるので注意が必要です!

また、筋肉の回復自体も2~3日では間に合わない場合があります。

これは、1回のトレーニング量によっても変わってくるのですが、高強度のトレーニングをして激しい筋肉痛が続いているときは、2~3日たっても筋肉が回復しきっていない可能性があります。

ですので、2~3日の回復期間はあくまで目安として考え、自分の状態にあった休養を取るようにお勧めします!

体の異常

f:id:makotore:20181130140745p:plain

オーバートレーニングによって、体にはさまざまな異常があらわれます!

その例を私の体験の中からいくつかご紹介していきます!

筋肉が成長しない

私は過去に1週間で同じ部位2回のトレーニングを全身分行っていた時期がありました。

その頃はトレーニング以外のことがいろいろ忙しい時期だったのですが、7時間の睡眠はとるようにしていて、同じ部位のトレーニング間隔も2日は開けるようにしていたので計画的には問題ないと思っていました。

ですが、それから2か月後に筋肉量を測定してみたところ、なんと筋肉量が減少していたのです!

一見、何の問題もないように思えたトレーニングスケジュールでしたが、自分の状況に合ったトレーニングメニューではなかったため筋肉の回復が追い付かず、このような結果になってしまいました、、、。

ですので、皆さんもトレーニングメニューを立てるときは、なによりも今の自分の状況に合ったものを作るようにしてください!

風邪をひく

トレーニングをやりすぎると、免疫力が下がり風邪をひきやすくなってしまいます。

私も過去にトレーニングのやりすぎでよく風邪をひいていました、、、。

風邪をひくとトレーニングを休まなければいけないことになり、その分、筋肉が成長しなくなってしまいます。

さらに、食事も満足にとれない状態になるため、十分な栄養が摂取できません。

ですので、体調管理をしっかりとしてトレーニングを行うようにしてください!

疲れやすい

トレーニングをしていると筋肉痛は当たり前のように起こるものだと思いますが、筋肉痛というのは痛いだけでなく非常に疲れます。

なにをしていても疲れるため、物事に対する行動意欲が減少してしまい、トレーニングに対するやる気もそがれてしまいます。

そうすると、次第にトレーニングの質が低下していってしまいますので、トレーニングスケジュールを詰めすぎないように注意しましょう!

トレーニングで大切なこと

f:id:makotore:20181130110325p:plain

皆さんいかがだったでしょうか?

オーバートレーニングに陥ると体にとって悪いことばかりが起こってしまいます。

ですので、自分の状況に合ったトレーニング計画を立てるようにしましょう!

また、トレーニングにおいて非常に大切なのは継続することですので、オーバートレーニングによってトレーニングが嫌いにならないように注意してください!

皆さんがトレーニングを通して、理想へと近づけるように応援しています!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう