筋トレを2日おきに行うのは効果的?筋肥大に適した頻度とは!?
スポンサーリンク

この記事を読むとこんなことがわかります!

読むとわかること

・筋トレを2日おきに行う効果

・筋肥大に最も適した筋トレ頻度

スポンサーリンク

筋トレを2日おきに行うのは効果的?筋肥大に適した頻度とは!?

筋トレを2日おきに行うのは効果的?

今回はこの疑問についてお答えしていきたいと思います!

筋肉をつけるために必要な頻度について悩む初心者の方は多いと思いますが、この記事を読めばもう悩む必要はなくなります。

この記事では、筋肥大に適した頻度に関する情報を詳しく解説しているので、マッチョになりたい初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

筋トレを2日おきに行うのは効果的?

結論から言うと、筋トレを2日おきに行うのは効果的です。

しかし、筋トレのやり方によって効果は異なります

以下に、考えられる筋トレのやり方と、それぞれの方法が2日おきの筋トレで効果的といえるのかどうかをご紹介していますのでそちらをご覧ください。

効果的な2日おきの筋トレ

 〇=2日おきの筋トレが効果的!

  ×=2日おきの筋トレは効果的ではない。

器具を使った筋トレで同じ部位を2日おきに鍛える

器具を使った筋トレで違う部位を2日おきに鍛える

器具を使わない筋トレで同じ部位を2日おきに鍛える

×器具を使わない筋トレで違う部位を2日おきに鍛える

×筋肉痛になっている部位を2日おきに鍛える

上記の筋トレパターンのうち、最後の2つのみ「×」がついていますが、この理由を簡単に説明します。

まず、「器具を使わない筋トレで違う部位を2日おきに鍛える」ということについてです。

器具を使わない筋トレは、器具を使った筋トレよりも体への疲労が残りにくいので、頻度を多くして鍛えることができます。

そのため、2日おきの筋トレだと少し不十分だといえます。

次に、「筋肉痛になっている部位を2日おきに鍛える」ということについてです。

筋肉痛になっているということは筋肉が完全に回復しきっていない証拠ですので、頻度は関係なく、体を休める必要があります

以上の理由から、最後の2つが「×」になっています。

スポンサーリンク

筋肥大に適した筋トレ頻度

先ほどまで、「2日おきの筋トレが効果的かどうか」について解説してきました。

総合的に2日おきの筋トレは効果的だという結論に至りましたが、筋トレのやり方によって効果が異なることもお伝えしました。

筋トレ頻度は奥が深い内容ですので、もっと詳しく筋トレ頻度について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

筋肥大に最も適した筋トレ頻度についても詳しく解説しています。

👇筋トレ頻度に関する記事はこちら!

まとめ

今回は筋トレを2日おきに行うのが効果的かどうかについてお伝えしてきました。

内容をまとめるとこんな感じになります。

まとめ

<筋トレを2日おきに行うのは効果的?>

筋トレを2日おきに行うのは効果的。しかし、筋トレのやり方によって効果は変わってくる。

〇器具を使った筋トレで同じ部位を2日おきに鍛える

〇器具を使った筋トレで違う部位を2日おきに鍛える

〇器具を使わない筋トレで同じ部位を2日おきに鍛える

×器具を使わない筋トレで違う部位を2日おきに鍛える

×筋肉痛になっている部位を2日おきに鍛える

<筋肥大に適した筋トレ頻度>

(別記事に記載)

筋トレを2日おきに行うのは効果的です。

しかし、筋トレのやり方によって効果は変わってきますので、自分がどのスタイルで筋トレをしようとしているのかを考えてから、頻度についても考えるようにしましょう。

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

👇筋トレ初心者にはこちらの記事がおすすめです!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう