逆手で行うチンニングのやり方と効果をわかりやすく解説します!
スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめです!

こんな方におすすめ!

・逆手でするチンニングのやり方が知りたい!

・逆手でチンニングをするとどんな効果があるのか知りたい!

スポンサーリンク

逆手で行うチンニングのやり方と効果をわかりやすく解説します!

皆さんこんにちは!マコです!

突然ですが、皆さんの中には「逆手でするチンニングって普通のチンニングと何が違うの?」と疑問に思っている方はいませんか?

逆手で行うチンニングも通常のチンニングと動作がほぼ同じなので、違いがあるのか疑問に思いまよね。

ですので、今回は逆手で行うチンニングのやり方と効果を解説していこうと思います。

この記事を読めば、皆さんが抱えている逆手チンニングに関する疑問を解決できるでしょう!

逆手で行うチンニングには様々な呼び方がありますが、よくアンダーグリップチンニングと呼ばれていますので、今後はそのように呼びたいと思います。

スポンサーリンク

逆手で行うチンニングのやり方

それでは、アンダーグリップチンニングのやり方をご紹介していきます。

使用する器具

①肩幅より狭めに幅をとってバーを握ります。少し背中を反って、肩を落とします。(スタートポジション)

②体を持ち上げます。この時に、腕の力よりも広背筋の力で持ち上げることを意識するようにします。

③頭がバーの上に出るぐらい体を持ち上げたら、今度は反対に体を下ろしていきます。

④この動作を繰り返し行います。

スポンサーリンク

逆手チンニングの効果

アンダーグリップチンニングは逆手で行うチンニングですので、通常のチンニングとは鍛えられる部位が少し違います。

以下に、アンダーグリップチンニングと通常のチンニングの鍛えられる部位をご紹介していますので、それぞれで鍛えられる部位を比較してみてください。

アンダーグリップチンニングで鍛えられる部位

<メインで鍛えられる部位>

👇上腕二頭筋

👇前腕

<少し鍛えられる部位>

👇広背筋

👇大円筋

👇三角筋後部

チンニングで鍛えられる部位

<メインで鍛えられる部位>

👇広背筋

👇大円筋

<少し鍛えられる部位>

👇僧帽筋

👇三角筋後部

👇上腕二頭筋

👇前腕

それぞれの鍛えられる部位を見てもわかると思いますが、種目ごとにメインで鍛えられる部位が違います。

つまり、それぞれの種目によって得られる効果も違うということになります。

通常のチンニングだと広背筋をメインで鍛えるので、背中を広くする効果がありますが、アンダーグリップチンニングは上腕二頭筋や前腕の筋肉をメインで鍛えるので、腕の筋肉を発達させる効果があります。

このように、同じチンニングでも握り方次第で効果が変わってきますので、自分の目的に合ったチンニングをするようにしましょう!

まとめ

今回は逆手で行うチンニングのやり方と効果をご紹介してきました。

まとめるとこんな感じになります。

まとめ

<逆手で行うチンニングのやり方>

①肩幅より狭めに幅をとってバーを握ります。少し背中を反って、肩を落とします。(スタートポジション)

②体を持ち上げます。この時に、腕の力よりも広背筋の力で持ち上げることを意識するようにします。

③頭がバーの上に出るぐらい体を持ち上げたら、今度は反対に体を下ろしていきます。

④この動作を繰り返し行います。

<逆手チンニングの効果>

アンダーグリップチンニングは上腕二頭筋や前腕の筋肉をメインで鍛えるため、腕の筋肉を発達させる効果がある。

逆手チンニングは腕の筋肉を鍛えるのに効果的なチンニングです。

ですので、背中をメインで鍛えたいと考えている方は、通常のチンニングをするようにしてください。

また、チンニングの握り方によって鍛えられる部位は変わりますので、自分の目的に合わせて握り方を変えるようにしましょう!

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです!

今日も読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう